2016年人気記事ランキング(時事ネタ編):トップ10は意外すぎる顔ぶれに

2016年もあっという間に過ぎ、大晦日です。日銀のマイナス金利導入に始まり、ブレグジット(英国のEU離脱)で大騒ぎになり、ポケモンGOで大のオトナがおおはしゃぎをし、トランプ氏の勝利でみんながのけ反った1年間。みなさんにとってはどんな年でしたか?

1年の締めくくりということで、投信1で公開した記事のアクセスランキング(=人気ランキング)をまとめてみたのですが、結果はかなり意外なものでした。

時事ネタ人気ランキング-トップ10

続きを読む

第10位:【話題のブラックフライデー】商業施設激戦区、柏のイオンモールに行ってみた

2016年11月から、日本にも「ブラックフライデー」のセールが導入されて話題になりました。公開から日の浅い記事ですが、堂々のトップ10入りです。

第9位:札幌の老舗寿司店倒産に見るもう一つの競争激化

アナリストが実際に地方都市を訪れ、現地で感じた経済環境の変化を記すシリーズも人気です。昨年公開した「人口減少率が全国一の秋田を歩いてみた」も大きな反響をいただきました。

第8位:セブン&アイ、当期純利益予想を半減。何が起きているのか?

第7位:フジテレビ、視聴率低迷なのに親会社の営業利益が2.7倍!?

第8位、7位は大企業の業績関連の解説記事が続きました。多くの方が持っておられる企業の業績や株価に対するイメージと現実が多く乖離する時は、アナリストがお役に立てるタイミングです。2017年も企業の分析・解説記事にはさらに力を入れていきます!

第6位:JR九州が上場!IPO株を入手して株主優待でお得に旅行する方法

初値が公開価格を19%上回り、12月30日の前場終値も公開価格を上回るなど、まずまずのスタートを切れたJR九州のIPO。事業の成長性を見極める必要はありますが、株主優待は本当にお得ですね。

第5位:きな臭さを増す中国経済、IMFが再び警告

世界経済ネタでは、ブレグジット関連やトランプ氏関連を押さえて、中国の景気懸念の問題に関する記事がランクインしています。ブレグジットやトランプ氏関連の記事もかなりのアクセスを集めてはいますが、世の中にニュースが溢れすぎ、みなさん少し食傷気味でしょうか(笑)。

第4位:【2017年予測】日経平均株価のピークは? 世界成長率は?

年の瀬になると必ず気になるのが翌年の予測です。投資の仕事に携わる人にとっては、もうご挨拶みたいなものですね。

第3位:【深層】ニンテンドースイッチ発表で任天堂の株価が下落した理由

ポケモンGO関連記事も多くのアクセスを集めましたが、トップ10入りはならず。ポケモンGOで期待値と株価が上がり切った後に訪れた「スイッチ・ショック」には強い関心が寄せられました。

第2位:「いきなり!ステーキ」がいきなり急拡大。ペッパーランチの利益を上回る日も近い?

12月初旬に公開して、”いきなり!”第2位に躍り出た「いきなり!ステーキ」の記事。身近に感じていただける方が多いのか、「大阪人は知らない「串カツ田中」が東証マザーズ上場」や「鳥貴族、串カツ田中ともに株価が年初来高値を更新中!」など飲食関連の記事は人気でした。

第1位:こんなにあるの!「2017年問題」、あなたの業界は大丈夫?前編

堂々の第1位は「2017年問題」に関する記事です。前編では事業承継やジェネリック医薬品を取り上げています。後編「知っておきたい「2017年問題」 背景は高齢化と老朽化?」もあわせてご覧ください!

まとめ

いかがでしたでしょうか? 編集部としてどの記事が読まれたか、どんな切り口にニーズがあるのかは常に考えているつもりなのですが、1年を通してアクセスを集計した結果、ブレグジットもポケモンGOもトランプ氏勝利もトップ10に入っていないことはとても意外でした。

2017年も読者の皆様に喜んでいただける記事作りに邁進します。良いお年をお迎えください!

 

投信1編集部

ニュースレター

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。
金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。